勉強

【現役教師が解説】学年トップレベルの偏差値70超えの人たちの特徴と学習法

はじめに

私は中高一貫校で教師をしています。これまでに多くの生徒と関わってきましたが、中には東大・京大・医学科に合格した生徒もいます。

ロクバン
もともとの学力が高いのかもしれないけど、やっぱり努力が素晴らしいんです。

学年トップレベルの中学生や高校生には共通した特徴があり、そのほとんどの人たちが実践している学習法があります。

偏差値70は、全体の上位約2%に相当。100人中2番の実力です。もちろん、地頭が誰よりも優れているのがあるのかもしれませんが、決してそれだけではありません。これまでに積み上げてきた圧倒的な勉強時間によって偏差値70超えを実現しているのです。この事実は覚えておいてください。

今回の記事では偏差値70越えの人たちの特徴と学習法を徹底的に紹介していきます。彼らの勉強への姿勢や学習方法を見習えば、偏差値70越えするとは言いませんが、誰だって成績を上げることができるはずです。

この記事を書いたのはこんな人

 ロクバン

  • 現在、中高一貫校の英語教師。この間、サッカー部顧問の経験あり。
  • 九州地方在住の二児の父親。
  • 長男は中高一貫校に通いながら強豪クラブチームに入団するも、補欠を経験。ビッグマウスですが、医学進学を目指して奮闘中。
  • 長女は偏差値40台の中高一貫校に入学。楽しく学校生活を送っています。
  • 長男のサッカーと勉強の両立をサポートする中で得た、知識や経験を情報発信。
  • サッカー少年達が勉強の大切さに気づき、勉強を頑張るのを応援することを(大げさですが)このブログのミッションとしています。




 

偏差値70超えの中学生と高校生

偏差値といっても母集団のレベルで意味合いが変わります。中学生なのか?高校生なのか?あるいは、模試によっても偏差値が示す意味合いが変わってくるんです。

メモ

偏差値は受験した集団の中で自分がどの位置にいるかを表した指標です。偏差値50(中央値)に対して自分がどの位置にいるかを示します。得点では周りに比べて良いのか悪いのかがわかりません。自分の位置(レベル)を把握するための指標です。

この前提を踏まえて、高校受験を目指す中学生と大学受験を目指す高校生の中での偏差値70越えを定義すると、

中学校で偏差値70と言えば、超難関私立高校学区トップの県立高校

高校で偏差値70と言えば、受験科目(数)によって変わりますが、東大京大医学部早慶

に進学するレベルに相当します。いずれも超難関ですね。

 

偏差値70越えの人たちの特徴【3選】

偏差値70越えの人たちの特徴を3つ紹介します。

  1. 素直
  2. 集中力がある
  3. 戦略的に考える

個別に解説していきます。

素直

学力の高い生徒は驚くほど素直です。ほぼもれなく素直です。

素直だからこそ、教師のアドバイスを聞き入れて必ず実践します。勉強の仕方や教材などもアドバイすると必ず実践します。少しずつ自分流にアレンジしてものにしていきます。また、課題、テスト、などなど、ときには無茶振りまでも確実にこなしていきます。

これだけ素直にアドバイスに従えば成長しますよね。素直さは成長に不可欠なんです。

ロクバン
中には我流ですすめる天才肌な生徒もいましたが、まずは先生などのアドバイスを素直に実践するのが成長するには一番大切ですよね。

集中力がある

学力が高い生徒が集中力があります。容易に想像できますね。

授業中の集中力は驚くほど高いです。必ず教師(や板書)を見て授業を受けているので、教えていると頻繁に目が合います。教師の質問にもすぐに反応します。ほとんどの内容を授業中に理解していくので効率が良いですよね。後は繰り返し演習をして学力を定着していきます。

ロクバン
当たり前かもしれませんが授業中に集中してしっかり理解しましょう。授業を疎かにしている人が意外に多いんですよね。

戦略的に考える

学力の高い生徒は物事の考え方が常に戦略的なので効果的な努力ができます。

英文読解を例にしてみます。

英語長文は一文ずつの英文で成り立っています。一文の英文は単語が文法に従って作られます。単語と文法を押さえて一文ずつを解釈できるようになると、英語長文は読みこなせるようになります。次第に難易度を上げていくことで最終的には難解な英語長文を読みこなせるようになります。

こうした戦略的な考え方が出来るの努力に無駄がありません。

ロクバン
どうしたら学力が伸びるか常に考えましょう。「やってみる」→「工夫する」→「継続する」が大切です。

 

偏差値70越えの人たちの学習法【3選】

続いて偏差値70越えの人たちの学習法を紹介します。

  1. 基礎を完璧にする
  2. 一冊の問題集を完璧に仕上げる
  3. 人に説明できるレベルまで理解する

個別に解説していきます。

基礎を完璧にする

応用問題は基礎問題の組み合わせです。学力の高い人ほど驚くほど基礎を大切にして完璧に仕上げているものです。

例えば英単語。一つの単語を1秒で言えるレベルまで完璧にします。意味を思い出すのに時間がかかるようなら難解な長文読解やリスニングに対応できるはずがありません。完璧な基礎力があってこそ応用問題を解くことができるのです。

一冊の問題集を完璧に仕上げる

一冊の問題集を完璧に仕上げるのことで知識に漏れがなくなります。

新しい問題集を買った時が一番モチベーションが高いものです。最初だけ解いて投げ出してしまった問題集はありませんか?偏差値70越えの人たちはこんなことはありません。すべての問題が解けるようになるまで、何度も何度も解き直します。途中で投げ出す人と全てを完璧にする人では圧倒的な差ができるのは明白ですね。

参考記事偏差値70越えの人たちが実践する『解き直し学習法』を紹介

 

人に説明できるレベルまで理解する

理解できたかどうかの基準は人に説明できるかどうかです。人に説明するには深いレベルでの理解が必要となります。このレベルまで理解すれば忘れることはありません。

 

偏差値70越えの人の学習時間

悩み父さん
どれくらい勉強しているの?

気になるポイントですよね。平日5時間以上、休日10時間以上などと言われているかもしれませんが、私が彼らと接してきた感想では、「ひたすら勉強している」といった感じなんです。

ロクバン
ちょっとわかりにくいですよね?

時間を決めているというよりも、常に勉強しているといった感じでしょうか。何時間などと考えずにひたすら貪欲に勉強しています。ただひたすら勉強に熱中。そこまでしないと上位2%にはなれないのです。

参考記事【高校入試】中学生の偏差値ごとの勉強方法・学習時間を考えてみた!

 

まとめ

偏差値70超えのひつたちがかなりの労力と時間をかけて勉強に取り組んでいるのがわかりますよね、

偏差値70越えの生徒 ➡ 圧倒的な量の努力

偏差値70越えの人たちはこれまでに圧倒的な量の努力を費やしてきたことを忘れてはいけません。つまり「努力の天才」なんです。才能だけで偏差値70にはならないですよね。

我が子がダラダラと勉強しない様子を目にすると、「勉強しなさい」とついつい口に出してしまいます。あまりよい結果にはならないのですが……。

勉強に対する心構えを変えることが大切です。「勉強は才能」と思うのではなく、「努力の賜」なんです。我が子にも見習って欲しいものですよね。

 

オススメ

トップレベルの人たちの勉強量には圧倒されます。そんなトップレベルの勉強の極意を知りたいと思いませんか?

東大に合格した人たちの勉強法こそ志望校に合格する最高のメソッドです。そんな勉強の極意を直接東大生から学べるチャンスがあることをご存じでしたか?

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】では東大生が志望校合格まで完全にサポートしてくれます。学習計画を練り、進捗状況をチャットを使って管理してくれるのです。これほど心強い学習サポートはありません。難関大学や難関高校を目指す中高生の皆さんには是非ともおすすめしたい学習サービスです。

まずは無料の資料請求からはじめてみてください。

それなりに学力のある生徒なら改めて勉強を教わらなくても自分で理解していけます。勉強を教えてもらうことよりも志望校合格までの道のりを教えてもらうことが求められているのです。塾に通っていても成績が伸び悩んでいたり、自分だけの勉強に限界を感じている人にこそ知ってもらいたい学習サービスです。

是非、東大生の最強の勉強法を手に入れて成績を伸ばしてください。

ロクバン
最後まで読んでいただきありがとうございました

中高一貫校の現役教師が勉強とスポーツの両立をテーマに情報発信しています。興味を持っていただけたら他の記事もチェックしてみてください。

参考記事【徹底解説】勉強が苦手な中学生のための勉強方法の3ステップを紹介

 




 

-勉強